前へ
次へ

定期型と終身型どちらの医療保険がいいのか

医療保険には定期保険と終身保険かどちらかを選ぶ必要があります。
どちらの医療保険がいいかはまず保障期間に比べた保険料を把握しておきましょう。
定期保険の場合、年齢が若いうちは保険料が安く済む場合が多いです。
更新を繰り返してある程度年を取ると、支払う保険料の額が終身保険よりも高くなります。
終身保険では保険料が年齢関係なくずっと一定です。
年を取った後も生活には負担が出るので長期的に見ると終身保険の方が負担が軽くなります。
支払った保険料が一定期間を経ると、解約しても解約返戻金として戻って来ます。
定期保険は解約返戻金のような制度はないですが、ボーナスや特約など手厚い保障があるのが特徴です。
各保険会社によって様々な保障が用意されています。
定期保険は年齢が若いうちは保険料が安くなるのがメリットです。
子供の教育費などが必要となる時期も来るのでいざという時には負担が軽く安心できます。
終身保険に入りつつ、定期保険にも加入して手厚い保障を受けるという方法もあります。
こうした方法を使うのも賢い利用の仕方です。

Page Top